MacBook proをヤマダ電機で購入すると本当に得なのか?実際の値引額やポイント数を公開!

体験レポート

2021年10月Mac book proの新機種発表が決まり、更なる人気が期待されていますね。

新機種の購入を考えている友達に「Mac book proどこで買った?」

と聞かれたことをきっかけに、当時の買い物(2020.9購入)を思い出してレポートすることにしました。領収書やポイントの記録が残っていたのでそのまま載せます!

 

Apple製品は値下げをしない!ポイント還元は5%!が基本ルールだったので値下げ交渉には自信がありませんでした。

案の定主導権は店員さんにあったように思えます。

そんな値引き交渉が苦手な私でも、当時の最新モデルのMac book pro をポイントや現金値引き等含めて20,894円分お得に購入できました。

 

でもコレには訳があって、シンプルに値引きをしてくれたわけではないのです。

どんな経緯があったのか、実際の値引額やポイント数、店員さんとのやりとりについてこれから詳しく書いていきます。

最終的な内訳だけを知りたい方は、目次から”結果どれだけお得に購入できたか”をご覧ください。

MacBookはヤマダ電気でどれだけお得に購入できるのか?

購入場所と購入品

購入時期:2020年9月

モデル:Mac book pro 2020年5月発売モデル 

定価:税込148,280円

支払い方法:現金払い

場所:ヤマダデンキLABI1 池袋

購入したMacBookProのスペック

現金値引き額とその理由

定価:税込148,280円

購入額:税込141,900円

6380円値引きされました。

MacBookPro 本体購入額

 

ですが!!!!!コレには裏がありまして・・・

実は、ヤマダデンキの安心会員長期保証という有料会員に加入したのです。

損はしないように年会費は店側が負担するので・・・と加入をお願いされました。

店員さんの提案は、「年会費4095円をクレジットカードで別払いし、その分を本体代から現金値引きする」というものでした。

更に、加入すれば特典で3000円分の商品券&ポイントを更に1%UP

といった内容で、解約もすぐにできるので損はしないと判断しOKしました。

つまり・・・値引き額の6380円から年会費を差し引きすると

現金値引きは2285円!!!!!

こんな感じです。

 

ヤマダ電気長期保証とは

長期保証について
MacBookは対象外なので、今回は補償に関しては無意味です。

商品券について
商品券500円×6枚の冊子をその場でもらいます。商品券はまとめて使えるわけではなく、2ヶ月毎に500円の有効期限つきです。

まとめて使えるものだと思っていたので、これを知った時はちょっとショックでした。ですが、近所にヤマダ電機には日用品も売っていたのでお得に使い切れて満足でした。

解約について
電話一本で簡単に解約できます。理由を聞かることもなくスムーズに完了。解約後でも、手元にある有効期限内の商品券は使えました。一年以内に解約をしないと次の年は自動で年会費が引き落とされます。

 

・パソコンは保証対象外
・2ヶ月毎に使える商品券500円×6枚
・解約は電話で完了。解約後も商品券は利用可

近所に日用品を扱うヤマダ電機の店舗がある場合はお得ですが、500円の為にヤマダ電機に足を運ぶのが大変な方はあまりメリットがありません。

NewThe安心 (家電製品総合保守契約) |ヤマダデンキ YAMADA DENKI Co.,LTD.
ヤマダ電機は新名称「ヤマダデンキ」へ!最新のチラシ情報やキャンペーン情報、店舗情報を配信中。テレビ・パソコン・タブレット・冷蔵庫・洗濯機・掃除機・ゲームソフトなど多彩な商品で楽しいお買い物をご提供いたします。

最終的なポイント還元率

ヤマダ電機でのapple製品を購入した場合、ポイントは通常現金払いで5%還元となっていますが最終的に11%まで上げてくれました。

141,900×11%=15609ポイント

ポイント11%付与

ポイント11%付与

5%のままだったら7095ポイントだったので、かなりお得になりました。

長期保証に加入しなかった場合にはポイントは10%まででした。

ポイントが1%上がると1419pt上乗せなので、1%でも大事です。

結果どれだけお得に購入できたか

【ポイント】 5%→11% 15609pt GET

【本体】 148,280円→141,900円  6380円お得

【ヤマダ電気商品券】 3000円分 GET

【長期保証 年会費】 4095円  ▲4095円負担

15609pt+6380円(値引き分)+3000円(商品券)−4095円(長期保証)=20,894円

Appple公式での購入と比較すると20,894円お得になった計算になります。

気をつけること

私はすぐに解約すれば損をしないと言う理由で、長期保証に加入をするという選択をしましたが、実はそれ以外にも「加入すればもっとサービスできます」と勧められていました。

ヤマダLABIカードのお申し込み、ネット回線など。

場合によっては加入してお得になるケースもあるかもしれませんが、値引きのために勢いで加入するのは少し危険です。

悪い意味ではなく、電気屋の店員さんは本当に言葉が上手なので・・・。

私の場合、商品券3000円つけますと言われていましたが、実際にレジで受け取るときに500円ずつしか使えない事を知りました。3000円に変わりはないけど、え?!と感じたのが正直なところ。

ヤマダ電気で購入した理由と店員さんとのやりとり

ヤマダ電気で購入した理由

・丁寧に機種の相談に乗ってくれた
・ヤマダ電気のポイントを貯めたかった
・ビックカメラよりも積極的に値引きの話をしてくれた

Mac book pro かMac book airで悩んでいて、店員さんに聞きながら決めたかったので家電量販店での購入を決めていました。

先に寄っていた池袋のビックカメラでは店員さんに「apple製品の現金値引きはできません。」とはっきり言われ話が終わってしまいました。

一方、ヤマダ電機の店員さんは何かサービスしてくれそうな雰囲気があったので、詳しく聞いてみることにしました。

値下げ交渉は苦手なので、思い切った交渉は出来ずにいましたが購入を渋っていたら店員さんの方から値引きやポイントについて話を持ちかけてくれ、話が早くて楽だったのでここでの購入に決めました。

主導権を握られていた状態でしたが、面倒な駆け引きをせずとも話が進んだので個人的には良かったと思っています。

店内でのやりとり

(一年前の事なので文言は多少違っているかもですが、大体こんな感じでした)

Appleコーナーに入るとすぐに店員さんが話しかけに来てくれました。

迷ってる機種について散々相談に乗ってもらった後に・・・

「友達がここでMacbook買ったら通常よりポイントをたくさんつけてくれたと聞いたのでここにきたのですが、、、」
店員「Apple製品は値下げは厳しいのですが・・・ポイントの面では頑張ります。クレジット決済は通常3%ですが、少しは上乗せできると思うので在庫と一緒に確認してきます!」
「あ、とりあえず大丈夫です。やっぱり現金値引きは厳しいんですね。他のお店の様子も見てまた来ます。ここが一番お得そうだったらまた戻ってきますね(ニコニコ)」
店員「ちょっと待ってください!!そうですよね・・・。少しでも現金値引きできないか確認してきます。聞いてきますので少しだけ待ってください」

2,3分後・・・

店員「通常クレジット払いは3%還元ですが、即購入していただけるならポイント10%つけます!」
「ありがとうございます。でも現金払いのつもりだったので・・・。やっぱり値段は少しも安くならないんですか?」
店員「そうなんですよ・・・。10%のポイントだとこれくらいになりますよ!」
「んーーー・・・わかりました。一旦考えます。」

と渋っていたら・・・、店員さんが電卓を持ってきて、

店員「今購入を決めていただけるなら・・・これでどうでしょう?」

と2280円ほど値引した額(146,000円)を電卓に入力し見せてくれました。

もう少しいけそうな気もしたけど、現金値引きに少しでも対応してくれたのでこの時点で私は満足しました。

そしてここから長期保証の話を聞き、年会費(4,095円)を引く&ポイントを更に1%上乗せする事で話がまとまりました。

まとめ&感想

・キャンペーンなどの割引がされていない時でも、ポイントアップならば可能性大!

・ポイント還元上乗せの目安は10%〜15%。それ以上の場合はかなり成功!

・厳しいと言われるが、現金値引きも少しなら対応してくれる可能性あり!

Apple storeよりもお得に買える!

SNS上では、ヤマダ電気でかなり値引きしてもらったという人や、値引きはなしだけどポイント還元率を高くしてもらった人など様々な情報がありました。

時期や機種、本体の値段によって違いは出てくると思いますが、少し話を持ちかけてみるだけでも、今回の私と同程度なら対応してくれると思います。是非、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました