超簡単操作で写真をアート作品風に加工できる無料アプリ!4選!

アプリ紹介

ログイン不要で手軽に使えてオシャレに編集できる画像加工アプリ。

会員登録や、面倒な初期設定もなく簡単に楽しめるアプリをご紹介します。

SNSのアイコンをオシャレにしたい!

CLIP to Comic

・簡単操作でアニメ風に!
・14種類のアートフィルター
・動画もOK!!オリジナルの映像作成も!
操作が簡単なので、アプリに慣れない方でもすぐに楽しめます!

動画に同じようにアートフィルターがかけられるのが、このアプリの特徴です。

既存の動画を読み込む事ができるので、旅先での思い出動画や、ダンス動画、おもしろ動画などにも活躍できそうです。

出来る加工パターン

全14種類

上段:ポートレート モノクロポートレート
下段:コミック コミック薄色

 

上段:ポスターブルー ポスターグリーン
下段:ポスターレッド ポスタイエロー

 

上段:リアル リアルセピア
下段:抽象 スケッチ

 

ランドスケープ ペーパーカット

使い方

①写真or ファイルから写真か動画を選択する

②”スタライズ”からフィルターを選択

③”編集”で明るさなどを調節する

④右上保存ボタンで保存完了

無料版で使える編集機能
・切り取り(トリミング)・デフォルメ・明るさ・彩度・コントラスト・ハイライト・シャドー・黒点・深さ
※選択したフィルターによって使える編集機能は異なります

感想

フィルターの種類がもっと増えて欲しいなぁというのが素直な感想です。

それでも、ポスターカラーの加工は他のアプリでは見なかったのでお気に入りです。

Graphite

・40種類以上のアートフィルター
・風景との相性抜群
・スケッチ画に特化
CLIP to comicと同じ会社のアプリなので操作は同じくシンプルで使いやすいです。
Graphiteの方がフィルターの数が多くスケッチにも特化していますが、動画には対応していません。

アートフィルターの紹介

40種類以上のフィルターがあるので一部を抜粋して作品例を紹介します。

人物の加工には、鉛筆やボールペンなどのスケッチ風のフィルターがおすすめです。

 

色鮮やかな風景画などには、フェルトぺンやオイルぺンなどで情緒溢れる一枚になります。

使い方

①写真orファイルから写真を選択

②”スタライズ”からフィルターを選択

③”編集”で明るさなどを調節する

④右上保存ボタンで保存完了

無料版で使える編集機能
・切り取り(トリミング)・デフォルメ・明るさ・彩度・コントラスト・ハイライト・シャドー・黒点・深さ

感想

無料とは思えないようなクオリティーで満足しています。

特にスケッチは再現度が高く、白背景で撮られた写真はより効果を感じました。

一つのアプリでこれだけ異なるパターンを使えるのでこれからも重宝しそうです。

口コミでも”直感的に楽に使える””イメージ通りの絵になる””描写力が凄い”などクオリティーの高さに満足されている声が多くありました。

一方で、”有料版が高い””ロゴの位置が変えられるようになってほしい””無料お試し期間内に解約できず課金されてしまった”などの声もありました。

Water Brush

 

・色鮮やかな水彩画に
・クチコミ評価4.8
・27種類のアートフィルター

Waterbrush iOS版

こちらも上記二つと同じ会社のアプリなので使い方は基本的に同じです。

Water Brushは夜景や景色との相性が抜群で、柔らかい水彩画の印象が見事に再現されます。

テキスト入力の機能はありませんが、課金をするとより多くの機能が解除され、紙の質や縁の種類、カラーなど細かく設定できるようになります。

課金していなくてもこれらの機能を一時的に試してみることができるのは、嬉しいサービスです。(無料では保存は不可)

できる加工パターン

27種類の中から一部抜粋してご紹介します。

 

 

使い方

①写真orファイルから写真を選択

②”スタライズ”画面でフィルターを選択

③”編集”画面で彩度やハイライトなど細かく設定

④右上保存ボタンで保存完了

無料版で使える編集機能
・切り取り(トリミング)・デフォルメ・明るさ・彩度・コントラスト・ハイライト・シャドー・黒点・深さ

感想

実際に使ってみて、どんな写真も絵になる!といった印象を受けました。

旅先での写真やお気に入りの写真を色々と加工したくなるアプリです。

広告のストレスも感じず、次から次へと試せるのも高評価で、良い写真が撮れたらまた試してみようと思います。

Effect Art

・カラフルな印象に
・40種類以上のアートエフェクト
・テキスト入力でポストカードのような仕上がり

Effect Art iOS版

ディープアートテクノロジーと言われる技術で、鮮やかな色合いのフィルターを重ね合わせます。

油絵風やスケッチ風など種類豊富なアート効果を楽しめます。

テキスト入力や、スタンプ機能もついているのもこのアプリの特徴です。

明るさなどのオリジナル写真の調整はできないのと、写真が正方形で切り取られてしまうので注意が必要です。

出来る加工パターン

40種類以上のフィルターがあるので一部を抜粋します。

 

使い方

①Gaallerryから写真を選択

②写真サイズを正方形にトリミング

③フィルター/フレーム/スタンプ/テキスト入力など編集を行う

④右上保存ボタンで保存完了(広告が流れます)

感想と口コミ

「使いやすい」「無料なのにめっちゃ使える」などいい評価がある一方で、「セーブがでない」「日本語フォントがない」などの改善を求める声もありました。

保存時や作成開始時に広告が流れますが、5秒ほどでスキップ出来たので、そこまで鬱陶しくは感じませんでした。

写真によってはフィルターとの相性が合わずイマイチの事もありましたが、写真との相性が合う時にはとても素敵な加工ができました。

 

まずはどのアプリを入れたらいい!?

絵画風の加工がしたい
→Graphite,waterbrush

動画にもフィルターをかけたい
→Clip to comic

フィルターの種類が多い方が良い
→Graphite,Effect Art

カラフルな印象にしたい
→Effect Art

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました