絵が下手な人向けの造形試験の攻略法!34点ギリギリで合格したレベルとは?【保育士】

勉強
保育士試験 合格への道

保育士試験の筆記試験を突破した皆様おめでとうございます。

二次試験は合格率は8割と聞いてのまだ安心はできないですよね。

私の場合は、絵が壊滅的に下手だったので筆記試験よりも心配でした。

それでも、不合格にされない絵を目指して必死に練習をした結果・・・

造形 34点!!!!

無事に合格できました!

採点方法がはっきりと決まっていないので公開されてる情報をかき集めて
実践した私の攻略法を紹介します。

条件を満たす絵が求められる

採点方法は、公式には発表されていません。
なので過去のデータから推測していくしかないのです。

ただ、わかっているのは

お題に沿った絵を正しく描けているかどうか。

そこにはいくつかポイントがあります

・指定された登場人物とシーンが描かれているか
・時間内に完成されているか
・保育園らしい暖かみのある色使いになっているか
・遠近法が間違っていないか
・保育に相応しい状況か
・シーンにあった表情になっているか

他にもいろいろあるようですが、あまりたくさんの事はできないので意識したのは以上のポイントです。合格点が目標ならば、絵が上手いですアピールは一切不要!

絵のクオリティーが低くても、審査基準さえ満たせばいい!
なので、上手な絵よりも、条件を満たす絵が合格のポイントです。

 

絵が苦手な人向けの攻略法3つ!

最初に書いたように基準さえ満たせばOKなので、あくまでも”不合格にされない絵”を目指して練習しました。

①自分のレパートリー内で構成する
②伝わる絵を描く
③時間内にかきあげる

難しいものは無理に描こうとせず、自分が描けるものの中で絵の構成を組み立てていきます。

例年、人物を3〜4名書く指示がされているので、人物をパターン化しておけばかなりの時間短縮につながります。

そのために練習期間である一ヶ月半の間で、マルチに使えそうなレパートリーを増やしておくことが必要です。

本番では、練習で描いたことのあるものを優先させて、どうしても足りないものを付け足すといったやり方にしていました。

そして、指示されていることを、はっきり伝えることに全力を注ぐ。

ここは教室ですよ!この子は遊んでますよ!と。オリジナリティーは抑える。。。

 

ついつい何か足してしまいたくなるけど、必要ないものには手を出さない方がいいんだね!
ただ、何も塗らない部分を残してしまうのは良くないとされているので、背景も色付けが必要です。
余白には無理に何かを書き足すのではなく、背景として塗りつぶすことをお勧めします。

また、未完成の絵は、どう考えても減点対象ですよね。

完成させるのは必須なので、細かい部分にに拘らないことがポイントです。

多少不恰好であっても、足が絡まってる?

みたいな、あり得ない部分がなければオッケーとする!

目指すのは合格点!ということを忘れないようにしないと45分では終わりません。

練習の時から本番を想定して描いていくことが重要です。

45分はあっという間だから、一つの部分に拘りすぎてはいけないんだね!

1ヶ月半でやるべき事

①出題形式をチェック
②パターン別練習
③本番と同じ設定で練習

ここ数年間では、保育園生活の一部を切り取ったシーンが出題されています。
共通しているのは、保育士1人以上と、子供2〜3名以上。

そこから保育園で他にどんなシーンがあるか想定し練習していくことができるので最初に出題傾向を押さえておくのが効率的です。

パターン別練習

攻略法でレパートリー内で構成すると描きましたが、このレパートリーを増やす練習にできるだけ多くの時間を費やしました。

ここで大事なのは人の絵を真似する!

真似出来そうな絵を見つけてとことん真似する!そして描きまくる!

試験の傾向から、保育園での生活の一部が題材となるので、どんなお題でもマルチに使えるパターンを叩き込みました。

子供は3人ほど書かないといけないので
髪型や服装などを何種類か用意しておくと便利です。

“レパートリーの内容”
動作:走る、座る、手を繋ぐ、持つ、遊ぶ
表情:笑顔、泣く、怒る、悲しむ
保育園にあるもの:教室、遊具、机、椅子、弁当など

特に動作の部分はたくさん練習して素早く描けるようにしました。
そんなこんなで、描けるパターンをガチガチに暗記して試験に挑みました。

正方形の用紙で本番と同じように練習

制限時間は45分、19cm×19cmの用紙と決まっています。

正方形の用紙にバランスよく描けるように慣れておくといいでしょう。

時間を測って書き終える事を意識しながら練習をした事で、時間配分が上手になっていきました。

初心者向けの描き方をレクチャーしてくれている動画を見つけたので貼らせて頂きます。

保育士実技試験(造形)超初心者が押さえるべき3つのポイント!

34点の私のレベルと練習過程

まずは、練習開始前の絵。
典型的な絵心ない人間です・・・。

わかってはいたけど、自分に自信を失った日。

↓よくあるパターンを真似をし始める。
私にも真似ならできるかも!とやる気がアップ。

↓試験一週間前くらいの練習。
下手である事は確かですが、初期から比べると自分的にはかなりの成長を感じていました。

というか、無理をしない無難な絵が描けるようになってきたぞ!と思っていました。

 

本番は、テーマがお誕生日会だったので教室を装飾して描きました。

テーマがはっきりわかるように描けた自信はあったけど、色合いに失敗し全体のクオリティーも残念な感じでした。

それでも合格ライン34点頂きました。

試験を終えての感想

率直な感想として、練習すればある程度それっぽい絵が描けるようになるんだなと。
自画自賛しました。笑

このレベルでも私的にはかなりの成長でした。

だから練習を繰り返せば、絵が苦手な人でもちゃんと合格できます!

と、断言は出来ませんが望みは十分にあります!!!!!

34点とういうギリギリな点数にもかかわらず、合格点をもらえたことで
自分の絵が人生で初めて人に認めてもらえたような気がして最高に嬉しかったです。

試験後、回収までの時間に周りの受験生の絵が目に入ってしまうのですがどう考えても私の絵が一番低レベルでした。

せっかく筆記は一発合格したのに絵で落ちたら笑いのネタにしよう!と言語試験に向けて気持ちを切り替えた記憶があります。

実技試験は自己採点ができないので、結果が出るまではドキドキでした。
きっと他の受験者の方たちも同じ気持ちだったんだろうな。

これから受験する皆さん!応援しています。

言語試験についての体験談はこちらの記事をご覧ください→言語試験で不合格にならない為に!【保育士】

コメント

タイトルとURLをコピーしました