ダンス練習には【djay】アプリ!ループ機能で反復練習がラクラクに!

アプリ紹介

子供の習い事でも大人気のダンス!BTSやNiziUなど話題のダンスをこっそり練習してる大人たちも多いのではないでしょうか。

ゆっくりやればできるけど、曲に合わせると早くて出来ない!なんて時や、苦手部分だけを繰り返し聴きたい!なんて時に役立つアプリが、今回紹介する【djay】なんです。

このアプリひとつでテンポ変更やループ再生など、音楽に合わせてのダンス練習をやりやすくしてくれます!

私は自主練時や振り付けを考える時によく利用しています!

何度も音を戻しながらの練習って結構面倒だった。自動でループしてくれたらラクだね!

ダンス練習に役立つdjayの機能とは

・BPMを変更・・・曲のテンポを早くしたり遅くしたりする
・ループ機能・・・選択したフレーズのみを自動で繰り返し再生
・CUE機能・・・再生開始ポイントを指定しワンタッチで指定ポイントへ

djayには他にも多くの機能がありますが、ダンス練習に役立つこの3点に絞って紹介します。

アプリを開くとターンテーブルが2台ドーーン。多機能なので全てを使いこなすのはDJプレイに詳しくなければムズカシスギ。

なので、ダンス練習向けのお勧め機能だけご紹介します、安心して下さい。

djayの使い方〜ダンス練習用〜

①アプリをダウンロードしたら

アプリを開くと有料版の広告が出てきますが、無料版のみで使える機能を紹介するので、×ボタンでスキップします。

 

本来は2台のターンテーブルを使ってDJプレイをしますが、左側のターンテーブルのみを使用して説明していきます。

スマホを縦にして”1”を選択すると左側のターンテーブルのみが表示されます。

 

2台を切り替える際には、”1″が左側 “2”が右側と覚えておいてください。

 ②曲の読み込み

まずは曲を設定するまでの手順です。

iTunesで購入した曲や、CDから読み込んだ曲などは選択できますが、AppleMusicのように月額制で聞いている曲は読み込めません。
Firestrageなどデータ転送サービスを利用して音楽を共有している場合は、ファイル内に保存し“ファイル”から選択できます。(手順画像③)

※ファイルへの保存の仕方も後半で説明してます。

 

 

↑iTunes storeで購入した曲を選択する場合は“ミュージック”を選択

 

 

 

FirestrageなどのURLからファイルへの保存方法

※以下、LINEから開いた時のやり方です

これでiPhone内の既存アプリ“ファイル”内に保存されます。

 

③テンポの変更

2通りの方法を紹介します。

【写真1】カーソルを左右に動かし調整

【写真に】細かく調整したい場合にはこちらの画面で調整

写真1

写真2

 

④ループ機能の使い方

    

 

左下再生ボタンで曲が流れます。(初期画面で右側のターンテーブルに曲を読み込んだ場合は右下で再生)

ループを開始したい所でINボタン、終わりたい所でOUTボタンを押して設定。

ループ箇所をやり直したい場合は、真上の数字が書いてあるボタンを押すとリセットされます。

元の画面に戻したい場合は、青丸で囲まれたボタンを押します。

⑤CUE機能の使い方

CUEとは・・・曲の開始位置を記憶させ、自分のタイミングでそのポイントに戻す機能

【CUEを一箇所だけ設定したい時】

①左下再生ボタンで曲を流し、頭出しのポイントで赤枠”SET”を押す(レコード上にオレンジの丸ポチがつけば完了)

青枠の”矢印ボタン”でSETした頭出しのポイントに戻す

CUEポイントを変えたい時には新たに打ちたい所で”SET”を押す

 

【CUEを複数設定したい時】

     

赤枠ボタンを押し、CUE設定画面へ。

左下再生ボタンで曲を流し、頭出しポイントで青枠プラスボタンを押す。

複数設定する時には、残りのプラスボタンで同じように設定(最大8個まで設定可能)

もう一度押すと、書かれている秒数へ曲が飛びます。

(例:赤色部分を押すと11秒から再生される。)

CUEポイントをを変更したい時には、ペンボタン→バツボタンを押す

ダウンロードの前に注意点

・有料版の広告に注意!
・サブスクでの楽曲は読み込めない!
今回紹介した三つの機能は無料版で使えるので、有料版の広告はバツボタンでスキップしましょう。
購入した楽曲や、CDから読み込んだ曲はスムーズに読み込めます。
データで送ってもらった曲は保存することで、アプリ内への読み込み可能になります。
まずはファイル内に保存しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました